• このエントリーをはてなブックマークに追加

事故類型別事故発生件数の紹介

  • 交通事故と言っても車同士の衝突や接触、車両単独でガードレールに衝突するなど事故の形態があります。では、それぞれの形態の事故の割合はどのようになっているのでしょうか。

    約8割強が車両同士の事故であり、交通事故のほとんどが車両相互の事故であることがわかります。では次に車両相互事故の詳細について紹介します。類方別に発生件数が多い順に紹介します。
  • ●車両相互…約86,70%●人対車両…約9,60%●車両単独…約3,70%●列車対車両…0%


車両相互事故 類方別発生件数

●追突225,416件●出会い頭衝突156,086件●その他54,526件●右折時衝突50,343件●左折時衝突28,964件●正面衝突14,097件●追越・追抜時衝突9,477件●すれ違い時衝突6,467件

件数的に見ても圧倒的に多くなっているのが「追突事故」と「出会い頭の事故」です。パーセンテージにしてみても、「追突事故」が約41%、「出会い頭の事故」が約28%とこの2つで約7割を占めていることがわかります。追突事故のほとんどが乗用車対乗用車の組み合わせで起こっているようです。

次いで割合が多いのが乗用車が小型トラックに追突されるというパターンです。いずれにせよ、交通事故の約4割が追突事故であるという現実を踏まえて、意識して日々の運転をするとよいでしょう。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加