• このエントリーをはてなブックマークに追加

追突事故と運転者の年齢は関係するのか?

では次に追突事故について様々な観点から分析を行いたいと思います。まず最初に追突事故と運転者の年齢の関係について考えてみたいと思います。まず追突する側と追突される側を足して100%とした場合の年齢送別の追突、追突される側の割合を考えてみたいと思います。

  • ●18歳〜24歳 追突側…約60%
    ●25歳〜34歳 追突側…約50%
    ●35歳〜49歳 追突側…約40%
    ●50歳〜64歳 追突側…約45%
    ●65歳〜74歳 追突側…約55%
    ●75歳以上 追突側…約70%

    以上のデータを見てわかることは、高齢者ついで24歳以下の若者が追突側になる場合が多いということです。これは18歳から24歳までの若者はまだ運転に不慣れな場合が多いこと、また無謀な運転が多いことが原因と考えられます。一方、高齢者の場合は反射神経が鈍くなるなどの身体機能の低下が原因となっているようです。

追突事故の原因を考える

では交通事故の約4割を占める追突事故はどうして起こるのでしょうか?そのメカニズムについて考えてみたいと思います。

  • 運転は認知、判断・予測、操作・行動を連続することです。認知とは車を安全運転する上で把握しておかなければならない対象をきちんと認識することです。

    次に判断・予測とは認識した対象がどのように動くのか、またその対象物から出てくるかもしれない他の対象物について予測をすることです。動作・行動は認知、判断・予測を踏まえて、どのように車を操作し動かすがということになります。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

今の自動車保険についてすぐ分かるサイト

  • What is the most popular Japanese anime tv?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加