• このエントリーをはてなブックマークに追加

安全運転の重要なポイント、認知エラーについて

運転は認知、判断・予測、操作・行動を連続することとですが、追突事故はこの3段階においてエラーが起こることで発生します。まず最初の段階、認知の段階でのエラーはどのようなものがあるのでしょうか。

認知の段階のエラーで特に多いのは脇見、他の物に注意が行ってしまっていたというものです。また、眠気・飲酒・急病と体が認知することができない状態にいることも多いようです。この中でも飲酒運転はもってのほかです。お酒を飲んだら、絶対に車を運転しないようにしましょう。

絶対にダメ!飲酒運転について

  • 飲酒運転はダメ
  • 飲酒運転は自分だけでなく、事故に巻き込んだ相手、そしてあなた自身の家族までをも不幸にしてしまいます。また、眠気というのも運転には大変怖いもので侮れません。睡眠不足の時は車の運転を控えるようにするとよいでしょう。

    また他にはぼんやりしてしまったということもあります。運転する時は意識をしっかりと持ち、ぼんやりしてはいけません。

また考え事をしていたという理由もあるようです。考え事をしていると意識が集中できなくなり、認知行動を行えなくなることがありますから、車の運転をする時は考え事をしないようにしましょう。あと、思い込みということもあるようです。

以上のように認知の段階でエラーがあると、大変危険であることがわかると思います。認知の見落としがあると、判断・予測と繋げることができません。そう考えると、認知は安全運転の重要な第1歩となっていることがわかります。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加