• このエントリーをはてなブックマークに追加

思い込みが事故につながる、予測・判断のエラーについて

  • 次に予測・判断のエラーについて考えてみたいと思います。安全運転を行う上で認知しなければいけない対象物をきちんと認知できたのに、次の段階の予測・判断でエラーを起こしてしまう場合です。では何を予測・判断できなかったのでしょうか?

    その対象は先行車自分の車の速度の選択信号となっています。中でも半分以上が先行車の予測・判断ができなかったようです。では先行車の予測・判断のエラーはどのような内容なのでしょうか?
  • 予測・判断のエラー


先行者の予測・判断エラー

【減速しない】【車間距離】【右折、左折しない】【すぐに発進する】【もっと遠くにいる】

これらを見てどうでしょうか?普段の運転で事故にまでは至らないものも、このような状況に遭遇したことはありませんか?特に信号がない単路の場合、車の流れがスムーズだと、先行車は減速しないと思い込んでいることはありませんか?また、先行者が右折、左折をしないなどと思い込んでいることはないでしょうか?

先行車があまり車が曲がらないような細い道を右折、左折する可能性は充分にありますが、ついつい「こんな所では曲がらないだろう」と思い、運転してしまうこともあります。また、先行車がすぐに発進するだろうという憶測で運転してしまうこともあるようです。

このような状況はどちらかというと、運転者自身の期待・願望と言っても過言ではありません。先方車は自分の意思とは関係なく動いていることをよく認識しましょう。

ドライブレコーダーつけてますか?

事故状況を録画できる「ドライブレーダー」が急速に普及し始めています。
これまでは、タクシーなど運輸業界で交通事故対策や防犯対策で装備するケースが多かったのですが、個人でも自分の車にドライブレコーダーを搭載する向きも増えています。

目的である事故時の画像、運転状況記録の他に、“常時録画型”だとタクシー強盗などの一部始終が録画されますし、事故後に相手方とトラブルや口論になった際の「言った」「言わない」の解決にも有効。

なかでも、前方だけでなく、後方も録画できる360度のパノラマ録画 ドライブレコーダー&バックカメラセットは人気です。

「液晶王国」は随分前からドライブレコーダーを販売している会社ですが、最近の人気を受け、ラインナップが充実してきました。
以前はそうでもなかったように感じますが、最近は「QD-203」や360°ドラレコ+バックカメラなどの特化型製品が増えてます。

360度パノラマ・ドライブレコーダー、ルームミラー型ドライブレコーダー、ヘッドレストモニター、フリップ、ダウンモニター、LEDルームランプなど、他所では扱っていないような少し変わったものも多く、一般受けはしないかも知れませんが個人的にはなかなか興味をそそられるメーカーです。

その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加