• このエントリーをはてなブックマークに追加

思い込みが事故につながる、予測・判断のエラーについて

  • 次に予測・判断のエラーについて考えてみたいと思います。安全運転を行う上で認知しなければいけない対象物をきちんと認知できたのに、次の段階の予測・判断でエラーを起こしてしまう場合です。では何を予測・判断できなかったのでしょうか?

    その対象は先行車自分の車の速度の選択信号となっています。中でも半分以上が先行車の予測・判断ができなかったようです。では先行車の予測・判断のエラーはどのような内容なのでしょうか?
  • 予測・判断のエラー


先行者の予測・判断エラー

【減速しない】【車間距離】【右折、左折しない】【すぐに発進する】【もっと遠くにいる】

これらを見てどうでしょうか?普段の運転で事故にまでは至らないものも、このような状況に遭遇したことはありませんか?特に信号がない単路の場合、車の流れがスムーズだと、先行車は減速しないと思い込んでいることはありませんか?また、先行者が右折、左折をしないなどと思い込んでいることはないでしょうか?

先行車があまり車が曲がらないような細い道を右折、左折する可能性は充分にありますが、ついつい「こんな所では曲がらないだろう」と思い、運転してしまうこともあります。また、先行車がすぐに発進するだろうという憶測で運転してしまうこともあるようです。

このような状況はどちらかというと、運転者自身の期待・願望と言っても過言ではありません。先方車は自分の意思とは関係なく動いていることをよく認識しましょう。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加