• このエントリーをはてなブックマークに追加

追突事故を起こさない、巻き込まれないための心がまえ

  • 交通事故の約4割を占める追突事故。では追突事故を起こさない、また追突されないためにはどのようなことを心がけて運転するとよいのでしょうか?

追突しないための心がけ

  • 一見、危険がないような場所や状況(見通しの良い単路など)こそ、気を緩めて集中力が欠けがちです。このような状況でこそ、脇見運転や他の考え事をしないように気をつけましょう。
  • 先行車が方向指示器を出さずに右折や左折、車線変更をするような場合であっても、余裕を持って判断できるような、充分な車間距離と走行速度を取ること。
  • ブレーキを踏むタイミングやウィンカーを出すタイミングは人によって違うことを理解した上で運転すること。

追突されないための心がけ

  • 停止する場合には予告ブレーキを踏むこと
  • 車線変更、右折・左折するような時は早めにウィンカーを出すこと。
  • 渋滞末尾で停止の時はハザードランプを点灯し、後続車に停止することを早めに告知する。

沿道沿いのガソリンスタンド、ファミリーレストラン、コンビニエンスストアの駐車場の入口は追突事故が起こりやすい危険ゾーンとなっています。走行中にこのような施設に出入りする場合は早めにウィンカーを出し、後続車に注意を促すようにしましょう。

また、自分が入らない場合も、先行車がこれらの施設に入るかもしれない場合に備えて、充分な車間距離を取ると共に、走行速度も臨機応変に対応できるよう心がけましょう。

ドライブレコーダーつけてますか?

事故状況を録画できる「ドライブレーダー」が急速に普及し始めています。
これまでは、タクシーなど運輸業界で交通事故対策や防犯対策で装備するケースが多かったのですが、個人でも自分の車にドライブレコーダーを搭載する向きも増えています。

目的である事故時の画像、運転状況記録の他に、“常時録画型”だとタクシー強盗などの一部始終が録画されますし、事故後に相手方とトラブルや口論になった際の「言った」「言わない」の解決にも有効。

なかでも、前方だけでなく、後方も録画できる360度のパノラマ録画 ドライブレコーダー&バックカメラセットは人気です。

「液晶王国」は随分前からドライブレコーダーを販売している会社ですが、最近の人気を受け、ラインナップが充実してきました。
以前はそうでもなかったように感じますが、最近は「QD-203」や360°ドラレコ+バックカメラなどの特化型製品が増えてます。

360度パノラマ・ドライブレコーダー、ルームミラー型ドライブレコーダー、ヘッドレストモニター、フリップ、ダウンモニター、LEDルームランプなど、他所では扱っていないような少し変わったものも多く、一般受けはしないかも知れませんが個人的にはなかなか興味をそそられるメーカーです。

その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加