• このエントリーをはてなブックマークに追加

安全運転義務違反【操作不適・前方不注意】

全国で発生した交通事故の違反種別発生状況を見てみると、「安全運転義務違反」が70%以上を占めています。「安全運転義務違反」とは、道路交通法第70条の規定に違反した運転行為のことです。同条には、「安全操作義務」と「安全状態確認義務」が明示されています。

  • 「安全操作義務」とは運転に必要なハンドルやブレーキを確実に操作し、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転する義務を言います。

    さらに、「安全状態確認義務」とは天候や時間帯、道路の広さや交通量などに応じて、他の人に危害を与えないように運転する義務のことを言います。

安全運転義務違反

安全運転義務違反は、「操作不適」「前方不注意」「動静不注視」「安全不確認」「安全速度違反」「予測不適」「その他」の七つに区分されます。次にその詳細について説明します。

「操作不適」

  • 「ハンドル操作不適」とブレーキ操作不適」に細分化されます。「ハンドル操作不適」は危険または危険のおそれがある状態を認識し、それを回避するためにハンドルを操作したが、その操作が不適切、または操作が遅れたことが事故の原因になった時。「ブレーキ操作不適」はブレーキを操作して危険を回避することに失敗したことが事故の原因となった場合です。

「前方不注意」

  • 「漫然運転」と「脇見運転」に細分化されます。「漫然運転」は集中力に欠け、ぼんやりしてしまったことで前方不注意となり、それが事故の原因となった場合です。道路上の他の物に目が行ってしまったり、携帯電話を見たりして、それが原因で事故が起きた場合は「脇見運転」となります。

ドライブレコーダーつけてますか?

事故状況を録画できる「ドライブレーダー」が急速に普及し始めています。
これまでは、タクシーなど運輸業界で交通事故対策や防犯対策で装備するケースが多かったのですが、個人でも自分の車にドライブレコーダーを搭載する向きも増えています。

目的である事故時の画像、運転状況記録の他に、“常時録画型”だとタクシー強盗などの一部始終が録画されますし、事故後に相手方とトラブルや口論になった際の「言った」「言わない」の解決にも有効。

なかでも、前方だけでなく、後方も録画できる360度のパノラマ録画 ドライブレコーダー&バックカメラセットは人気です。

「液晶王国」は随分前からドライブレコーダーを販売している会社ですが、最近の人気を受け、ラインナップが充実してきました。
以前はそうでもなかったように感じますが、最近は「QD-203」や360°ドラレコ+バックカメラなどの特化型製品が増えてます。

360度パノラマ・ドライブレコーダー、ルームミラー型ドライブレコーダー、ヘッドレストモニター、フリップ、ダウンモニター、LEDルームランプなど、他所では扱っていないような少し変わったものも多く、一般受けはしないかも知れませんが個人的にはなかなか興味をそそられるメーカーです。

その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加