• このエントリーをはてなブックマークに追加

増加傾向にある認知症ドライバーの事故

  • 運転者の年齢別事故発生件数を見てみると60歳以上の高齢者の運転手が交通事故を多く起こしていることがわかります。ということは、高齢者のドライバーが交通事故の加害者になっているということです。

    高齢者の運転がもとで起きた事故は、2003年の約8万9000件に対して、2013年は約10万4000件と、10年間で1.17倍と増加しています。

そして、今、問題になっているのが認知症ドライバーの交通事故です。

ドライバー本人は普通に運転しているつもりなのでしょうが、高速道路を逆走していたり、歩道を走っていたり、認知症が原因とみられる大変危険な運転が多く見られるようです

もちろん、認知症の人は道路交通法により免許の取り消し・停止となるのですが、初期の段階では車の運転をしてしまう人が多いようです。

認知症は少しずつ症状が進んでいくものですから、どの時点で運転を止めるといいのか見極めが難しいことも問題です。認知症を患っている本人は運転を止めることを拒む人も多いようですが、家族が定期的に同乗してその危険性を見極めることが重要となってきます。

道を忘れてしまうアルツハイマー型認知症

  • アルツハイマー型認知症の場合は運転技術には問題はなくても、道をよく忘れる傾向があるようです。道を忘れて戸惑っている間に追突してしまったり、反対に追突されたりするようです。また、前頭葉型認知症の場合は物忘れはしないのですが、信号などの交通ルールを無視して運転することがあるため、交通事故を起こしやすいようです。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加