• このエントリーをはてなブックマークに追加

飲酒運転、基礎点数と罰則

酒気帯び(0.15以上、0.25未満)速度超過(25km/h以上30(高速40)km/h未満)…15点
酒気帯び(0.15以上、0.25未満)積載物重量制限超過(大型車等5割以上、10割未満)…14点
酒気帯び(0.15以上、0.25未満)速度超過(25km/h未満)…14点
酒気帯び(0.15以上、0.25未満)その他の通常時は1点・2点の違反行為…14点
酒気帯び運転(0.15以上、0.25未満)…13点
次に飲酒運転の罰則について紹介します。飲酒運転の罰則は2007年9月の道路交通法改正施行により強化されました。
●運転者に対する罰則
・酒酔い運転…5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・酒気帯び運転…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
●運転者以外の周囲の責任についての処罰
・運転者が酒酔い運転…5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・運転者が酒気帯び運転…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
●酒類の提供・車両の同乗者
・運転者が酒酔い運転…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
・運転者が酒気帯び運転…2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加