• このエントリーをはてなブックマークに追加

飲酒を勧めた人と車両を貸した人も罪になる

前述までは飲酒運転にまつわる罰則などを紹介しましたが、飲酒運転の罪はお酒を飲んで運転した人だけが問われるのではありません。飲酒運転を勧めた人にも罰則が科せられるようになっています。2007年に改正された道路交通法では、ドライバーに対して飲酒を勧めたり、運転手が飲酒をしていると知っていながら車両を貸したりすることも飲酒運転の共犯として罰則が適用されます。ですから、飲み会などを開く時はあらかじめ車で来ないようにするのがよいでしょう。「今日は飲まないつもりだから大丈夫」と思っていても、その場の雰囲気でついつい少しだけ飲んでしまって、「少ししか飲んでいないから大丈夫」とついつい運転してしまう。そんな事が起こってしまうかもしれません。

車両を提供した者に対する罰則

・運転者が酒酔い運転をした場合→5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・運転者が酒気帯び運転をした場合→3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類を提供した者、飲酒をすすめた者又は道場した者

・運転者が酒酔い運転をした場合→3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
・・運転者が酒気帯び運転をした場合→2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加