• このエントリーをはてなブックマークに追加

飲酒運転と保障問題

次は飲酒運転で交通事故を起こした場合の事故保障はどうなるのでしょうか。説明したいと思います。
まず自動車保険の任意保険の補償は主に次の3つになります。

自動車保険の保障内容

●相手方に対する賠償(物・人)
●自分自身や同乗者の傷害
●車両の損害
事故の規模にもよりますが、大きな事故の場合、相手の方、そして自分が負傷することも考えられます。最悪の場合は命を落としてしまうこともあるかもしれません。また、車両が損害を受けることも十分考えられることでしょう。しかし、飲酒運転で事故を起こした場合、任意自動車保険で保障してくれるのは相手の人に対する賠償(物・人)のみです。自賠責保険も相手に対する保障は適用されます。しかし、飲酒運転で事故を起こした場合は自分や同乗者が負傷した場合、車両に損害が出た場合はその部分を保障してくれないのです。「自動車保険が保障してくれなくても、普通に健康保険を使って治療すればいい」と考えるかもしれませんが、健康保険法には第116条 被保険者又は被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為により、又は故意に給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は行わない。第117条 被保険者が闘争、泥酔又は著しい不行跡によって給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は、その全部又は一部を行わないことができる。という項目が。ですから、飲酒運転で交通事故を起こした場合、健康保険証の使用を制限されてしまう可能性もあります。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加