• このエントリーをはてなブックマークに追加

自賠責保険か労災保険か

通勤途中に交通事故に遭ってしまった場合は、自賠責保険と労災保険のいずれかを使用することになりますが、どちらを使うとよいでしょうか。
基本的にはどちらを使っても良いことになっています。ただし、前述でも説明したように自賠責を先に使った場合、同じ内容で労災に請求はできません。逆も然りです。どちらを使ってもいいことになってはいますが、次のようなケースは労災保険を使った方が良いかもしれません。
●自分の過失の割合が大きい場合
●過失割合で相手と揉めている場合
●相手の車の所有者が運行供用責任を認めない場合
●相手が無保険、自賠責保険のみ加入の場合
●自分の過失の割合が大きい場合
自賠責保険のルールはもしも過失割合が7割を超えている場合は、損害補償が減額されることになります。どれくらい減額されるのかと言うと、減額の割合は、2割〜5割の範囲となっています。しかし、労災保険は過失割合によって減額される規定はないのでもしも自分の過失が大きい場合は労災保険から使った方が良い場合があります。過失の割合で揉めている場合も同様で、労災保険を使った方がよい場合があります。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加