• このエントリーをはてなブックマークに追加

労災保険を使った方がいい場合

●相手の車の所有者が運行供用責任を認めない場合
これは、例えば相手の車が盗難車だった場合を考えてみてください。もしも車を盗まれた人が自分の車で交通事故を起こされた場合、その補償を自分の自賠責保険を使ってするでしょうか?それほど人がいい人は滅多にいないことでしょう。
●相手が無保険、自賠責保険のみ加入の場合
これは不幸としかいいようがありませんが、相手が無保険だった場合、労災保険を使った方がよいでしょう。また、自賠責保険だけで任意保険に加入していない場合も補償範囲が上手く行かない場合があるので、労災保険を先に使った方が良い場合もあります。

自賠責保険と労災保険の保障範囲

・自賠責保険の補償限度額
傷害…120万円
後遺傷害・死亡…3000万円
治療費はもちろん、慰謝料が発生した場合もこの金額が限度額となります。大きな事故で相手が死亡してしまった、もしくは大きな後遺症が残ってしまった場合は3000万円では足りないケースも出てきます。その場合、任意保険で無制限の保険に加入していれば安心ですが、そうでない場合は、もしも補償額が足りない場合は加害者が自腹で支払うことになります。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加