• このエントリーをはてなブックマークに追加

労災保険の補償額と診療報酬単価について

次は労災保険の補償額についてです。

労災保険の補償額

・治療費…自己負担0円
・休業損害補償…ケガが治るまで8割補償
労災保険の場合、治療費の自己負担が0円となります。しかし、休業損害補償はケガが治るまでの8割補償となります。しかし、休業補償は加害者に対して100%賠償請求ができることになっています。
交通事故の規模や過失の割合など、交通事故の状況は様々です。ですから、ケースバイケースでどちらを選択すればよいのか考える必要があるでしょう。

診療報酬単価について

自賠責保険や任意保険を使った診療は自由診療扱いとなります。ですから、健康保険や労災保険などを使用した診療とは診療報酬単価が違ってくることになります。また、健康保険と労災保険でも診療報酬単価は異なってきます。
・健康保険…1点 10円
・労災保険…1点 12円
これだけでも、同じ治療をしても治療費が異なってきます。では、自賠責保険を使った場合の自由診療の場合、どれくらいの金額になるのでしょうか。診療報酬単価は医療機関が自由に決めることができるので、一概には言えませんがだいたい1点 20円〜30円となるようです。健康保険と比べると2倍から3倍となり、とても治療費が高額になってしまうこともあります。

売れない車は無いんです

事故で損傷がひどく、廃車手続きに困ってませんか?
廃車費用(レッカー代、廃車書類代行など)一切無料で年中無休で全国対応してくれるサービスがあります。仕組みは日本で廃車となった自動車を海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用など、あらゆる方法でリサイクル形ですので、ほぼ100%のサイクル率です。
ちなみに自動車税は3月までに廃車(抹消登録)すると、来年1年分の自動車税がかかりません。
※普通車を廃車にすると、自動車税の還付があります。


その他の記事

今の自動車保険についてすぐ分かるサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加